本場ドイツを感じる空間でドイツのビールやフードが楽しめる。ソラマチクリスマスマーケットが12/25まで開催中

Xmasソラマチ_m01

(c)TOKYO-SKYTREETOWN

東京スカイツリー(R)ではクリスマス限定ライティングも行われていて、クリスマスイベントの真っ最中。東京ソラマチ(R)で11月8日からスタートしているクリスマスマーケットは、本場ドイツを感じる豪華なデコレーションを施したヒュッテ(ヨーロッパ式の小屋)が登場。ドイツのクリスマスには欠かせない温かいグリューワインやビール、ソーセージなどドイツグルメが並ぶ。フォトスポットもあるので、デートや友達と盛り上がろう

更新日:2018/12/10

ソラマチ_m_01
(c)TOKYO-SKYTREETOWN

ドイツビールに、温かいグリューワイン。本場ドイツのドリンクで乾杯

東京スカイツリーの4階スカイアリーナで12月25日(火)まで行われるクリスマスマーケット。ドイツの雰囲気そのままに、約40mの間に7つのヒュッテ(小屋)が並ぶ。温かみを感じるライトをまとったヒュッテは、サンタクロースやトナカイなどの装飾、今年のテーマ「カラフルクリスマス」にちなんだ、色鮮やかなオーナメントボールなどで彩られている。夜はイルミネーションやプロジェクションマッピングなどがあり、カップルでもファミリーにもおすすめ。

ヒュッテではドイツの白ビール「ホフブロイ ミュンヘナーヴァイス」や初心者にも飲みやすいダークビール「ホフブロイ ドゥンケル」(各レギュラー1400円、スモール800円)を販売。クリスマスの定番でもある温かいグリューワイン(800円)もあるから、本場のドリンクで乾杯してみて。

ソラマチ_m_02
(c)ZATO-SHOUKAI

ドイツ直輸入のソーセージや、シュトーレン、チュロスも。美味しいものがいっぱいで目移りしそう

ビールやグリューワインと一緒に楽しみたいのは、「ドイツ直輸入のソーセージ2本セット」(1200円)や、ベルリンの屋台の味として知られるカレー粉とケチャップをたっぷりかけて食べるソーセージ料理カリーブルストとフライドポテトがセットになった「カリー&ポメス」(1000円・写真)などのドイツグルメ。

寒い日にぴったりな「ミネストローネ」(600円)や甘いホットカクテル「ホットショコラミルク ホイップのせ」(650円)もおすすめ。甘党の人には、揚げたてのサクサク食感が楽しい「チュロス シュガー」(500円)や「シュトーレン スライス」(550円)も。

ソラマチ_m_03
(c)TOKYO-SKYTREETOWN

カラフルなデコレーションをしたクリスマスリースでとっておきの1枚を撮ろう

クリスマスマーケットのある4階スカイアリーナは、色とりどりの花とカラフルな灯りが美しい「光のガーデン」になり、高さ約8mの花のツリーのイルミネーションが輝く。

また、期間中は1階ハナミ坂ひろばに直径約3.2mの大きなクリスマスリースが出現。リースの内側から顔を出して撮影できるフォトスポットなので、カップルでも友達同士でもファミリーでも、思い出を写真に収めよう。

ほかにも、東京スカイツリーの天望デッキではクリスマスラブソングライブがあり、14日(金)は大塚愛、21日(金)は持田香織などが登場。ロマンティックな気分でクリスマスが楽しめる東京スカイツリーにぜひ出かけてみよう。

イベント情報

イベント名
ソラマチ クリスマスマーケット2018
開催場所
東京スカイツリータウン(R) 4階スカイアリーナ
開催日程
2018/11/8(木)~12/25(火)
開催時間
11:00~22:00(LOフード21:00、ドリンク21:30)
ホームページ
東京スカイツリータウンドリームクリスマス HP

東京スカイツリー

スポット名
東京スカイツリー
電話番号
0570550634 0570550634 (東京スカイツリーコールセンター)、0570550102(東京ソラマチコールセンター)
住所
東京都墨田区押上1-1-2 Map
営業時間
東京ソラマチ/10:00~21:00 ※6F・7F・30F・31Fのレストランフロアは11:00~23:00
定休日
無休
交通アクセス
東武線「とうきょうスカイツリー」駅よりすぐ、各線「押上」駅より徒歩すぐ
ホームページ
東京スカイツリータウンの公式HP

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスのおでかけガイド2018

1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る