東京・新宿「ヒルトン東京」で聖夜にぴったりのデザートブッフェ「アリスinクリスマス・マジック」を開催

ヒルトン東京クリスマスデザートブッフェ

そろそろ街が少しずつクリスマスカラーに染まりはじめる季節。東京・新宿「ヒルトン東京」では、11月5日(月)~12月25日(火)までデザートブッフェ「アリスinクリスマス・マジック」を実施。ハロウィンに続く“アリスシリーズ”の後編で、雪のように真っ白な世界に、ゴールドや赤できらめきをプラス。今だけしか味わえない、クリスマスの魔法を楽しんで。

更新日:2018/10/23

ヒルトン東京クリスマスデザートブッフェ

今度は白銀の世界を表現!新登場のチョコレートファウンテンもお楽しみに

ヒルトン東京1F「マーブルラウンジ」では、季節やテーマに合わせてさまざまなデザートブッフェを開催。ラウンジの隅々まで彩られた空間に並ぶ、約30種類のスイーツやセイボリーの数々は、とにかくフォトジェニックでキュート!

11月5日(月)から開催される「アリスinクリスマス・マジック」では、クリスマスに降り積もる真っ白な雪の世界を表現。ラウンジの中央に6mものジャンボ・クリスマスツリーが飾られるほか、トリックアートやプロジェクションマッピングでアリスの世界観を演出。さらに今回は、新たに「マジカル・チョコレートファウンテン」が登場。
今年のクリスマスは、アリスや毛糸のマントをまとったウサギと一緒に、ロマンティックなスイーツブッフェはいかが?

ヒルトン東京クリスマスデザートブッフェ

クリスマスには欠かせない、見た目も味わいもリッチなケーキがずらり

まず目を奪われるのは、クリスマスらしい華やかなホールケーキの数々。花びらのようなクリームでデコレーションされた「スノークリスタル」は、赤ワインとスパイスを効かせた洋梨のコンポートとメープルクリームをサンドした繊細な味わいのケーキ。

このほかにも、クリスマスの伝統菓子“パンデピス”をホワイトチョコレートでコーティングし、ベリーやマシュマロを飾った「アリスのクリスマス・ウィッシュ」や、話題のルビーチョコレートのムースにラズベリー、パッションフルーツの酸味を効かせ、王冠のような形に仕立てた「女王陛下アリス」など、ブッフェ台に並ぶスイーツを見ているだけでもワクワク!

ヒルトン東京クリスマスデザートブッフェ

お口直しには、スイーツにそっくりのセイボリーをどうぞ

このほかにも、抹茶とマスカルポーネクリームのカップケーキ「リトル・リトル・ツリー」など、お皿に盛りつけてもかわいい小ぶりのスイーツも充実。

また、前回大好評の、デザートそっくりのセイボリーが再登場!
白ごまのフォカッチャにカリフラワーのムースとスモークサーモンをサンドし、トマトやオリーブでデコレーションしたショートケーキそっくりの「ディーのショートケーキ風」や、塩チーズサブレにサワークリーム、トマトコンフィやディルを合わせた「ディーのツインチーズケーキ風」など、目でも楽しめるセイボリーは10種類を用意。大人テイストのスイーツも並んでいるから、甘いものは苦手・・・という人でも、満足できるはず!

イベント情報

イベント名
アリスinクリスマス・マジック
開催場所
ヒルトン東京「マーブルラウンジ」
開催日程
2018/11/5(月)~12/25(火)
開催時間
提供時間:14:30~17:30
料金
平日:3800円
土日祝日:3920円
ホームページ
「マーブルラウンジ」公式予約HP
ヒルトン東京クリスマスデザートブッフェ

ヒルトン東京「マーブルラウンジ」

スポット名
ヒルトン東京「マーブルラウンジ」
電話番号
0333445111 0333445111
住所
東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京1F Map
営業時間
ブレックファスト:6:30~10:30(土・日・祝日~11:00)
ランチビュッフェ:11:30~14:00(月曜日~土曜日)
ブランチビュッフェ:11:30~14:00(日・祝日)
デザートビュッフェ:14:30~17:30
ディナービュッフェ:18:00~21:00(月~金曜日)/ 18:00~22:30(土・日曜日)(1)18:00~20:00 (2)20:30~22:30(土)※2部制
アラカルト:6:00~23:00(土曜日は24:00まで)
定休日
なし
交通アクセス
東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」より徒歩2分
ホームページ
「ヒルトン東京」公式ホームページ

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスのおでかけガイド2018

1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る