クリスマスグッズや2019年に向けた商品も!かわいい動物グッズが人気の「リサ・ラーソン」期間限定ショップが松屋銀座にオープン

銀座「リサ・ラーソンのクリスマス」

©︎LISA LARSON

優しいタッチの動物がかわいい「Lisa Larson(リサ・ラーソン)」。おなじみのしましま猫、コロンとまんまるいライオン・・・素朴でコケティッシュな動物たちは見ているだけで癒される。そんなリサ・ラーソンの限定ショップが、12月12日(水)~12月25日(火)の14日間、松屋銀座にオープン。

今しか手に入らないクリスマスデザインや、2019年に向けた商品も! 心温まるギフトを探しにいこう。

更新日:2018/11/16

しましま猫“マイキー”
Mans スノーゴールド 各10800円(予価)

ギフトにぴったり!ほっこりかわいい動物デザインの雑貨

チャーミングな動物グッズに目がない。そんな友だちへのギフト探しなら、スウェーデンの陶芸家「リサ・ラーソン」の期間限定ショップへ。

リサ・ラーソンは、「かわいい」が大好きなおばあさん。スウェーデンの森に居を構え、赤いシマ猫“マイキー”やまんまるいライオン・・・キュートなデザインを次々に生み出している。そんな彼女のエッセンスがつまった限定ショップには、クリスマスデザインや先行発売品、貴重なヴィンテージまで、なんと約1000点も揃う。

松屋銀座にリサ・ラーソンのショップが開かれるのは2年ぶり。ラインナップもぐっと充実し、今回は特にマイキーのグッズや猫たちが大集合しているそう。カレンダーや干支の置物など新年に向けてのアイテムも。リサ・ラーソンの世界にどっぷり浸かり、お気に入りを見つけたい。

アボカドメニュー
陶器のヨガサンタ(全3色 各10260円)

クリスマス限定アイテムが多数!人気のヨガサンタも

この時期だけのクリスマスモチーフのシリーズは真っ先にチェックを。北欧スウェーデンでも人気なんだとか。

人気商品のひとつが、ヨガをしながら瞑想しているサンタさん。サンタがヨガ!? という発想も面白いし、ころんとしたフォルムもほのぼのと心温まる。

1957年にデザインされたSTORA ZOO(大きな動物園)シリーズの復刻版“Mans スノーゴールド”はニット帽とマフラーでクリスマスらしくおしゃれをし、赤シマ猫の“マイキー”やハリネズミの“イギー”など人気キャラがオーナメントになったポップアップツリーのカードもキュート! ハリネズミ3兄弟のマグカップなどもあり、あれもこれもと欲しくなりそう。

2019年デザインコレクション・壁掛けカレンダー(1404円)

新年の準備に。ファンはマストバイの2019年カレンダー

ファンならぜひ手に入れたいのが、2019年デザインの壁掛けカレンダー。ネコ、ライオン、ハリネズミなどおなじみのキャラクターが大集合していて、インテリアに飾れば、お部屋がより大好きな空間になりそう。

2019年 干支の置物(波佐見焼) ししとうり(4860円)

干支の置物、ししとうりも思わず2度見するかわいさ。ペーパーウェイトにしたり、ただ飾っておくだけでも存在感たっぷり。干支シリーズはほかにも手ぬぐいや豆皿、着物の帯につける留め具(根付)などがあるそう。

Cat ティーポット(くろねこのPia)(5400円)

個人的にツボなのが、新作のくろねこのPiaのCat ティーポット。こんなキュートなポットが食事やティータイムのお供にあれば気分が上がること間違いなし。黒猫だから甘くなりすぎず、インテリアにしっくり馴染むのも◎。

どれも本当にかわいくて、1つに絞れず、大人買いしてしまいそう。ギフトを探しに覗いてみて。

イベント情報

イベント名
リサ・ラーソンのクリスマス
開催日程
2018/12/12(水)~12/25(火)
開催時間
10:00~20:00、12/16は~19:30、12/21・12/22・12/23は~20:30、最終日は~17:00
料金
無料

スポット名

スポット名
松屋銀座
電話番号
0335671211 0335671211
住所
東京都中央区銀座3-6-1 Map
営業時間
ショップ10:00~20:00、レストラン11:00〜22:00(LO21:30)
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」A12出口より直結、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩3分、都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A8番出口より徒歩3分
駐車場
193台、300円/30分 ※お買い上げ優待あり
ホームページ
松屋銀座の公式HP

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスのおでかけガイド2018

1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る