冬の花が咲き、サンタが動く。お台場「チームラボ ボーダレス」が12/1からクリスマス限定のデジタルアートに

チームラボ ボーダレスクリスマス01

2018年6月お台場にオープンして以来、行列スポットになっている「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」。圧倒的なスケール感と多様な空間構成が人気のデジタルアート展で、12月から冬限定の作品が登場する。雪、椿、梅など冬の景色が広がり、クリスマス限定色に変身した「ランプの森」や、来場者が描いた絵でサンタの街が完成する体験型の展示も。デジタルアートが作り出す冬を体感してみよう。

更新日:2018/11/19

花の精霊

「花の精霊」も凛とした美しさをもつ冬の花に。季節を感じさせる美しさに身をゆだねよう

「花の精霊」は、1年を通して咲いている花々が移り変わる作品で、12月からは冬の花が現れる。花々が生まれ、成長し、花を咲かせ、やがて枯れる。そうした花の繰り返し続ける誕生と死滅を表す作品で、コンピュータープログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。

あらかじめ記録された映像が映し出されるのではなく、常に変化し続ける作品なので、同じ絵は二度と見ることができないというのも特別感がある。冬の花々がどのように変化していくのかも楽しみ。

お絵かきクリスマス

12月1日(土)~25日(火)の期間限定で、クリスマスが楽しめる空間に変身

「学ぶ!未来の遊園地」には来場した人たちが描いた絵でサンタクロースの街ができあがっていく「お絵かきクリスマス」が展示される。描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な雪の降る街の中で動き出し、街に触ることでも作品は変化する。車に触ると車のスピードが変化したり、サンタクロースに触るとサンタクロースがプレゼントを配ったりと、楽しい仕掛けになっている。

また、同期間の「呼応するランプの森—ワンストローク」もクリスマス限定の新色に。「ランプの森」は人がランプの近くに立ち止まり、じっとしているともっとも近いランプが強く輝き、その光が近くにある2つのランプに伝播して、光が連続していくアート。いつもと違うカラーの光に彩られるのはこの時期だけ。

デジタルアートと食のコラボで生まれた限定メニューも見逃せない

フランス発祥のレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」の2018年度版で、期待の若手シェフ賞に選出された田村浩二氏監修のアイスクリームが2018年12月1日(土)から提供される。凍結したお茶をテーブルに置くと、そこから茶の木が生え茂っていく演出。

コンピュータープログラムによってリアルタイムで描かれ、ほかでは体験できないティータイムになるはず。光のアートを五感で体験できるイベントで非日常感を味わってみては。

イベント情報

イベント名
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス (MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)
開催場所
お台場パレットタウン
開催日程
2018年12月1日(土)~25日(火)
開催時間
10:00~19:00、金、土、祝前日10:00~21:00※12/14(金)~31(月)は22:00まで特別延長
入場料
一般/高・大学生3200円、子ども(4歳~中学生)1000円※高校生には「バイトル高校生無料チケット」あり。凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)とドリンクのセット1200円※おひとり様1個まで、各日なくなり次第終了
ホームページ
チームラボ ボーダレス お台場 公式HP

東京お台場パレットタウン

スポット名
東京お台場パレットタウン
電話番号
03640639493 03640639493
住所
東京都江東区青海1-3-8 Map
営業時間
10:00~19:00、金・土・祝前日10:00~21:00、日・祝10:00~20:00
定休日
第2、4(火)※12/25は開館
交通アクセス
りんかい線東京テレポート駅から徒歩3分、新交通ゆりかもめ青梅駅直結
ホームページ
お台場パレットタウン公式HP

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスのおでかけガイド2018

1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る