本場ドイツの市場さながら!六本木ヒルズにクリスマスマーケットがオープン

六本木「Roppongi Hills Christmas 2018」

世界最大級と言われるドイツのクリスマスマーケット。いつか訪れたいと願っている人も多いはず。そんな人は、11月23日(金・祝)にスタートした六本木ヒルズのクリスマスマーケットに注目を。

会場である大屋根プラザに、本場ドイツのクリスマス用品店や名物料理がいただける店など11店舗が集結。お家に飾るリースを探したり、ジューシーなソーセージを頬張ったり・・・。海外にトリップしたような気分を楽しんで。

更新日:2018/12/04

マーケットの様子

ドイツのクリスマスの名物料理やかわいい雑貨が大集合

クリスマス気分が一気に高まる12月。休日や仕事帰りにぶらり立ち寄りたいのが、本場ドイツの雰囲気を楽しめる六本木ヒルズの「クリスマスマーケット2018」。

六本木ヒルズのクリスマスマーケットは、今年で12回目を迎える日本では“老舗のクリスマスマーケット”。イベントスペース、大屋根プラザに、世界的に有名なドイツのクリスマスショップ「ケーテ・ウォルファルト」を始め、ここにしか出店しないドイツのクリスマスショップなど11店舗の屋台が大集結。雑貨やスイーツなど約2000種類のアイテムがずらりと並ぶ。

クリスマス気分を高めるアドベントカレンダーやシナモンの香りがするリースなど魅力的なアイテムがいっぱい。欲しいものを物色したり、小腹が空いたらフードスタンドでホットドックを頬張ったり・・・。ドイツ菓子や直輸入ソーセージは手土産にしても喜ばれそう。

卵型のお香人形「スモーキー」
画像左から、スモーキー きよしこの夜200周年「天使オスカー」5680円、スモーキー ペンギン「南極のクリスマス」5680円

煙をプカプカ吐く姿がユーモラス。大人気の卵型お香お人形

マーケットに着いたら真っ先に訪れたいのが、1年中クリスマス雑貨で溢れるドイツのショップ「ケーテ・ウォルファルト」。

こちらで毎年大人気なのが、卵型のお香人形「スモーキー」。ドイツの山地エルツ地方のザイフェン村で古くから作られている木彫りの人形で、胴体の部分に円錐形のお香を置き、中が空洞になっている上半身をかぶせると口からプカプカと煙を吐くというもの。いろんなデザインがあり、今年はペンギンの「南極のクリスマス」、きよしこの夜誕生200周年を記念して「天使オスカー」が登場。お香をつけず、飾っているだけでもとってもキュート。眺めるたび、心がほっこり和みそう。

シナモンやグローブを使ったリースやオーナメント
画像左から時計回りで、スパイスツリー2200円~15000円、スパイスリース各種900円~12000円、スパイスオーナメント各種400円~3200円

シナモンの香りが心地いい。おしゃれなリースはギフトにも

北欧や欧州で定番のシナモンの香りがするスパイスデコレーションも人気。シナモンやグローブなどで作られたリースやオーナメントは、森の木々を彷彿とさせるシックな濃茶ベースに赤やオレンジのアクセントがかわいい。玄関に飾っておけば、温かみのあるシナモンのいい香りが出迎えてくれる。1000円前後とお手頃なのにおしゃれで、ギフトにイチオシ。

7種のチーズドッグ700円

ホットワインに熱々ソーセージ!ドイツの美味しいフードやドリンクも充実

小腹が空いたら、ホットドックやスープがいただける「ジャーマン ホット スタンド 2018」に立ち寄ってみて。

チーズがたっぷりのった7種のチーズドッグやスパイスの効いたジャーマンカレードッグなど絶品揃い。ほかにも、冷えた体を芯から温めてくれる本格的なシナモン・オレンジのグリューワインや、ビールや直輸入ソーセージを楽しめるお店など美味しいものが充実。連日通いたくなりそう。

イベント情報

イベント名
Roppongi Hills Christmas 2018 クリスマスマーケット2018
開催日程
2018/11/23(金)〜12/25(火)
開催時間
11:00〜21:00※金土祝前日および12/24(月)は〜22:00
料金
無料
ホームページ
「Roppongi Hills Christmas 2018」の公式HP

スポット名

スポット名
六本木ヒルズ 大屋根プラザ
電話番号
0364066000 0364066000
住所
東京都港区六本木6-11-1 Map
営業時間
ショップ11:00~21:00、レストラン11:00~23:00※一部店舗により異なる
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ「六本木駅」より徒歩5分
ホームページ
「六本木ヒルズ」の公式HP

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスのおでかけガイド2018

1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/KANO NUMATA

  • LINEで送る