スターバックスのホリデー新作第3弾!12月5日(水)より「ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ(R)」などが登場

ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ®/ピスタチオ クリスマス ツリー

12月5日(水)から、スターバックスのホリデーシーズン限定ビバレッジ第3弾が登場! 今回はクリスマスを象徴するモチーフであるクリスマスツリーをイメージした「ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ(R)」と「ピスタチオ クリスマス ツリー」の2種類。いよいよクリスマス本番を迎えるこの季節に、スターバックスで特別なワクワク感に包まれる素敵なひとときを過ごして。

更新日:2018/12/12

ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ®/ピスタチオ クリスマス ツリー
ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ/ピスタチオ クリスマス ツリー

クリスマスシーズンにぴったり!ホワイトチョコレートとミルクの深いコクを楽しもう

今年のホリデーシーズンの最後を飾るドリンク第3弾は、クリスマスツリーをイメージした「ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ」と「ピスタチオ クリスマス ツリー」の2種類。ローストピスタチオを使用した香り豊かなピスタチオソースがドリンクをツリーのようなグリーンに染め上げ、トッピングに真っ赤なリボンを思わせる甘酸っぱいラズベリーソースを合わせている。

「ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ」のボトムには雪のように白いホイップクリームを、食感のアクセントにはローストマカダミアを使用し、ホイップクリームにもピスタチオソースを使って、まるでクリスマスツリーのようなグリーンのルックスに。ホットの「ピスタチオ クリスマス ツリー」は、ピスタチオの香りを温かいミルクが引き立て、寒さが一層厳しくなるこの時期に、身も心も温めてくれる一杯となっている。

スターバックスが教えるおすすめカスタマイズ

「ピスタチオ クリスマス ツリー」にはエスプレッソショットを追加すると、マカダミアのロースト感とピスタチオのナッツ感のハーモニーがたまらない味わいに。「ピスタチオ クリスマスツリー フラペチーノ」は、アーモンドトフィーシロップを追加すると、ピスタチオと、マカダミアナッツのナッツ感が引き立ち、まるでデザートを食べているような気分にひたることができる。そして、どちらにもおすすめなのが「ソイミルク」への変更。まろやかさとコクがアップし、よりピスタチオの風味が引き立つので、ピスタチオ好きにはたまらない一品に。

どちらのドリンクも、さまざまなカスタマイズとの相性が良く、まるでオーナメントを飾り付けるかのように自分だけのピスタチオ クリスマス ツリーを作ることができる。初回はそのままのドリンクを、2杯目以降は好みに合わせて自分だけのカスタマイズを楽しもう。

(左)ホワイト チョコレート スノー/(中央)ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ/(右上)ストロベリーグラデーションケーキ/(右下)ブレッドグラタン チキントマトソイクリーム

ホリデー第2弾も販売中!ホワイトクリスマスをイメージしたドリンクと限定フード

同期間に販売中の第2弾ドリンクは、ホワイトクリスマスをイメージした「ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ」と「ホワイト チョコレート スノー」の2種類。ホワイトチョコレートとミルクを合わせることで生まれる深いコクと、優しい気持ちや癒しを感じさせてくれる味わいが寒い季節にぴったり。

また、いちごスイーツの「ストロベリーグラデーションケーキ」や、ホットミールの「ブレッドグラタン チキントマトソイクリーム」など、ドリンク以外にも心までぽかぽか温まるようなメニューもこの冬限定で販売中。お店に行った際にはぜひチェックしてみて。

DATA

商品名
ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ(R):Tall637円
ピスタチオ クリスマス ツリー:Short 486円/Tall 529円/Grande 572円/Venti(R) 615円
販売期間
2018年12月5日(水)~2018年12月25日(火)
取扱店舗
全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)
※なくなり次第終了
ホームページ
スターバックス コーヒー 公式HP

【特集】今年はほどよく私色に。クリスマスガイド2018

クリスマスガイド2018


1年でいちばん、華やかで幸せな気分に包まれるクリスマス。イルミネーションデートやレストランでのディナー、プレゼントやホームパーティなど、この季節ならではのイベントの数々に心躍らせている人も多いはず。今年のクリスマスは、好みやこだわりを生かした“自分らしい”楽しみ方を見つけて、とびきり特別な時間を過ごしてみてはいかが? ほどよく私らしさが光る、クリスマスの過ごし方ガイド2018をご紹介します。

WRITING/MIKA KANEKO(OZmall)

  • LINEで送る