新江ノ島水族館で出会う冬の景色!多彩な輝きを見せる生き物たちがテーマの「Jewerium」がスタート

新江ノ島水族館で出会う冬の景色!多彩な輝きを見せる生き物たちがテーマの「Jewerium」がスタート

新江ノ島水族館では、2020年12月1日(火)から2021年3月7日(日)まで、冬季スペシャルイベント「Jewerium(ジュエリウム)」を開催。「Jewerium」は、宝石“Jewel”と水族館“Aquarium”を組み合わせた新江ノ島水族館独自の造語で、宝石がもつ3つの要素である“透明感”、“色彩”、“輝き”で構成された展示や演出が出迎えてくれる。 混雑時の入場制限や入場前の検温など、感染症予防対策も行われているので安心して訪れて。

更新日:2020/12/01

クラゲのクリスタルドーム
クラゲのクリスタルドーム

「透明感」「色彩」「輝き」3つのテーマに合わせて展示や演出が変化!

約3カ月の開催期間を3つに区切り、それぞれの異なるテーマに合わせて水槽を模様替えしたり、展示を変化させているのが今回のイベントの特徴。Vol.1「透きとおるということ__」では宝石の透明感をイメージしたクラゲたち、Vol.2「彩るということ__」では色彩豊かなウミウシたち、Final「輝くということ。」では、クリオネをはじめ多彩な輝きを魅せる生き物をテーマに演出を楽しめる。

12月1日(火)からスタートするVol.1「透きとおるということ__」では、透明な姿をした「ミズクラゲ」が入った特別水槽や、透きとおるクラゲたちがふわふわと浮遊する様子を楽しめる「クラゲのクリスタルドーム」、クラゲの体内をイメージさせる半ドーム式空間の壁面を使ったきらめく演出「きらめきが降り注ぐ部屋」など、クラゲをモチーフにしたさまざまな展示や演出を展開。

相模湾ゾーン 光の宿る木
相模湾ゾーン 舞い上がる泡時間~透きとおる色~

館内や水槽に散りばめられた光の演出で「Jewerium」の世界観に浸ろう

また、全会期を通してのイベントも。相模湾ゾーン「相模湾大水槽」には、水槽の中央に高さ4mもある海藻ツリーが現れる「光の宿る木」が登場。
こちらの「光の宿る木」では、音楽に合わせて舞い上がる気泡が海藻ツリーを美しく彩る「舞い上がる泡時計~透きとおる色~」の演出も。また館内のいたるところでも、さまざまな光が変化しながら空間がやさしい色で包まれる「ゆらぎの海廊 ~透きとおる色~」の演出を楽しめたりと、光を使った演出が体感できる。

館内最後の展示水槽を過ぎると、江の島内へと誘うイルミネーションロード「光の路地」がお目見え。展示を楽しんだ後はこのきらめく路地を通って、江の島で開催中の、江の島シーキャンドルを光で彩るイルミネーションイベント「湘南の宝石」に行くのがおすすめのコース。昼も夜も美しい湘南を満喫しよう!

湘南お祭り広場 泡の小部屋たち
湘南お祭り広場 泡の小部屋たち

海底のパーティをイメージしたオブジェがお出迎え。光きらめくオブジェの中に入れるフォトスポットも

外のチケット売り場前に広がるスペース「湘南お祭り広場」には「Jewerium」のシンボルとなる海底のパーティをイメージしたオブジェ「泡の小部屋たち」が登場。オブジェの中にはシェルソファが隠されており、まるでキラキラときらめく海底にいるような姿を撮影できるフォトスポットもあるので、記念に撮影してみては。

また今年は、新江ノ島水族館が、江の島で「jewerium」と同時期に開催される光と色の祭典「湘南の宝石」の新会場に! それにより新江ノ島水族館と江の島のイルミネーションがつながり、湘南一帯が幻想的な雰囲気に包まれる姿を見ることができるのでぜひ訪れてみて。

ワークショップ「Jewerium☆クラフト ~クラゲ飾り~」
ワークショップ「Jewerium☆クラフト ~クラゲ飾り~」

生き物たちを眺めた後は“作って”楽しもう!手軽に参加できるワークショップも開催

ワークショップでは「Jewerium」 の期間中にテーマとなっている生き物たちをイメージした作品作りに挑戦できる。
例えば、「Jewerium☆クラフト ~クラゲ飾り~」(参加費無料)では、透け感のあるリボンや画用紙を使ってクラゲの飾りを。「アクア・ジュエル ~光のオーナメント~」(参加費400円)では、宝石のような形にも見える”ヒンメリ“をモチーフにしたフレームの中に、イルカのライトや海をイメージした貝殻を添えるなど、海を感じるオリジナルの作品が作れる。おうちのクリスマスツリーを彩るオーナメントとして作っても素敵。どちらのワークショップもホームページから事前に予約可能&定員制なので、安心して参加できる。

■いつでもワークショップ 「Jewerium☆クラフト ~クラゲ飾り~」
開催日時:12/1(火)〜12/25(水)期間の平日のみ開催。開催時間はホームページにて要確認。
定員:各回10名(1組4名まで)
所要時間/約30分(作品作り終了次第退室可)
開催場所/なぎさ体験学習館 1F 発見創造ラボ
参加費用/無料

■ちょっぴりワークショップ 「アクア・ジュエル ~光のオーナメント~」
開催日時:12/5(土)、12/6(日)、12/12(土)、12/13(日)、12/19(土)、12/20(日)
開催時間はホームページを要確認。
所要時間:約20分
開催場所:なぎさの体験学習館 1F 発見創造ラボ
参加費用:1名400円 ※えのすいKids Club会員、えのすいプラチナクラブ会員350円

フルーツサイダー(600円)
フローズンフルーツソーダ(612円)

ほかにも、「Jewerium」のコンセプトである”透明感”、”色彩”、”輝き”に合わせて作られた期間限定メニューが登場。色とりどりのフルーツが浮かぶフローズンフルーツソーダ(写真:612円)や、マーメイドプレート(693円)、ヒトデのミニパルフェ(571円)など、思わず写真におさめたくなるかわいいメニューがたくさん。ショップではクリスマス限定のグッズ販売も。えのすいで海の仲間たちと光り輝くクリスマスを過ごそう!

冬季スペシャルイベント 「Jewerium(ジュエリウム)」

イベント名
冬季スペシャルイベント 「Jewerium(ジュエリウム)」
開催場所
新江ノ島水族館
開催日程
2020/12/1(火)~2021/3/7(日)
開催時間
Vol.1「透きとおるということ__ 」
2020/12/1~12/25までの平日 10:00~17:00、土・日および12/24・12/25 ~18:00

Vol.2 「彩るということ__ 」
2020/12/26~2021/1/31までの平日 10:00~17:00、土・日・祝日 ~18:00
2021/1/1〜1/11 9:00〜18:00

Final 「輝くということ。」
2021/2/1~2021/2/28の平日 10:00~17:00、土・日・祝日 ~18:00
2021/3/1〜3/5 9:00〜17:00
2021/3/6〜3/7 〜18:00
料金
大人2500円、高校生1700円、中学生・小学生1200円、幼児(3歳以上)800円
ワークショップ
■いつでもワークショップ 「Jewerium☆クラフト ~クラゲ飾り~」
開催日時:12/1(火)〜12/25(水)期間の平日のみ開催。開催時間はホームページにて要確認。
定員:各回10名(1組4名まで)
所要時間/約30分(作品作り終了次第退室可)
開催場所/なぎさ体験学習館 1F 発見創造ラボ
参加費用/無料

■ちょっぴりワークショップ 「アクア・ジュエル ~光のオーナメント~」
開催日時:12/5(土)、12/6(日)、12/12(土)、12/13(日)、12/19(土)、12/20(日)
開催時間はホームページを要確認。
所要時間:約20分
開催場所:なぎさの体験学習館 1F 発見創造ラボ
参加費用:1名400円 ※えのすいKids Club会員、えのすいプラチナクラブ会員350円
ホームページ
冬季スペシャルイベント「Jewerium」公式HP

新江ノ島水族館

スポット名
新江ノ島水族館
電話番号
0466299960 0466299960
住所
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1 Map
営業時間
2020/12/1~12/25までの平日 10:00~17:00、土・日および12/24・12/25 ~18:00
2020/12/26~2021/1/31までの平日 10:00~17:00、土・日・祝日 ~18:00
2021/1/1〜1/11 9:00〜18:00
2021/2/1~2021/2/28の平日 10:00~17:00、土・日・祝日 ~18:00
2021/3/1〜3/5 9:00〜17:00
2021/3/6〜3/7 〜18:00
定休日
なし
交通アクセス
小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩3分
江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩10分
湘南モノレール「湘南江の島駅」から徒歩10分
駐車場
なし※近隣に有料Pあり
ホームページ
新江ノ島水族館の公式HP

【特集】こちらもチェック!クリスマス特集2020

クリスマス特集2020

いつもとはひと味違う雰囲気になりそうな2020年のホリデーシーズン。激動の1年だったからこそ、今年のクリスマスは心と身体をしっかり労わって、大切な人たちに想いを馳せる“やさしい時間”にしませんか? 自分に癒しのご褒美をあげたり、大切な人とおこもりステイを楽しんだり。離れた所にいる家族や友人とは一緒にパーティを楽しんだり、ギフトで想いを伝えたり。今年らしい“ニューノーマル”なホリデーの楽しみ方をご提案!

WRITING/YURI KINOSHITA

  • LINEで送る