【クリスマス料理レシピ】骨付きの鶏もも肉でフランスの煮込み料理をアレンジ「鶏肉ときのこのフリカッセ」

鶏肉ときのこのフリカッセのレシピ

クリスマス当日が平日になる今年は、おうちでゆっくりごちそうを楽しみたい。でも「なにを作ったらいいか悩む」という人や、「手料理を振る舞うのが初めて」という料理初心者さんも多いのでは?

そこで今回は、多くの人に愛される味と簡単な作り方を追求したABCクッキングスタジオから教えてもらった、「鶏肉ときのこのフリカッセ」のクリスマスレシピをご紹介。フランスの代表的な煮込み料理を、骨付き鶏もも肉でアレンジ。

更新日:2019/12/06

クリスマスのメイン料理「鶏肉ときのこのフリカッセ」のレシピ

クリスマスのメイン料理「鶏肉ときのこのフリカッセ」のレシピ1

フランスの定番料理も、骨付きチキンに変えれば豪華に

「フリカッセ」とはフランス家庭でおなじみの白い煮込み料理のこと。骨付き鶏もも肉を使ってダイナミックに盛り付けることで、特別な日のディナーにふさわしい豪華さに。雪のように白いソースに、パプリカパウダーの赤を効かせて、クリスマスらしいルックスに仕立てて。

カロリー/815kcal(1人分)
調理時間/約50分

材料 (2人分)

骨付き鶏もも肉 2本
塩 小さじ1/8
黒こしょう 少々
薄力粉 小さじ2
オリーブオイル 小さじ1
玉ねぎ(薄切り) 80g
にんにく(つぶす) 1/2片分
オリーブオイル 小さじ1
しめじ(小房) 40g
まいたけ(小房) 40g
マッシュルーム(4等分) 4個分
薄力粉 小さじ1
[a] 水 100㏄
[a] 牛乳 100㏄
コンソメ(顆粒) 小さじ1
ローリエ 1枚
生クリーム 100g
塩 小さじ1/8
黒こしょう 少々
フェットチーネ 60g
パプリカパウダー 適量
パセリ(みじん切り) 適量

作り方

1. 骨付き鶏もも肉は余分な水気・脂肪を除き、フォークで全体に穴をあけ、塩・黒こしょうで下味をつける。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、薄力粉(小さじ2)をまぶした【1】を皮面から入れ、全体に焼き色をつけて取り出す。

3. フライパンの粗熱を取り、にんにく・オリーブオイルを入れて加熱し(弱火)、香りが出たら玉ねぎを加え、しんなりとするまで炒める(強火)。

4. しめじ・まいたけ・マッシュルームを加え炒め、薄力粉(小さじ1)を加え、さらに炒める(弱火約1分)。

5. 《a》を少しずつ加え、その都度よく混ぜる。コンソメ・ローリエを加え、【2】を戻し入れてフタをし、火が通るまで煮る(沸騰後弱火約20分)。

6. 生クリームを加え、ゆるいとろみがつくまで煮詰め、塩・黒こしょうで味をととのえる。

7. 器に茹でたフェットチーネとともに盛り付け、パプリカパウダーをふり、フェットチーネの上にパセリをちらす。

レシピ提供/ABCクッキングスタジオ

ABCクッキングスタジオは、国内に126スタジオ、海外に38スタジオを展開し、国内・海外約140万人以上の会員を持つ世界最大級の料理教室。

2019年11~12月は冬のごちそう料理の体験レッスンを開催中。ビーフシチューグラタン&ミルクハース、苺のシフォンノエルのほか定番人気レシピの中からお好きなメニューが選べるうえ、ABCクッキングスタジオが“初めて”の方なら、通常4000円の参加費が500円に! お得な体験レッスンをお見逃しなく。

【特集】彼・女友達・子供と。おうちで過ごすクリスマス2019

おうちで過ごすクリスマス2019

年に1度の一大イベント、クリスマス。自分好みのツリーやオーナメントを飾って、お部屋のインテリアを楽しんだり、女友達やママ友を招待して自分らしさの光る特製コースをふるまったり・・・。センスのいい人たちが実践しているテーブルコーデやデコレシピ、おうちの飾り付け術から、おうちで味わいたいクリスマスケーキやこの時期に読みたい絵本など、おうちでの過ごし方アイデアを一挙ご紹介します。

  • LINEで送る