壮麗な光の彫刻が、夜空に夢を灯す!神戸の元町で12月の風物詩「第25回神戸ルミナリエ」を開催【イルミネーション2019】

「第25回神戸ルミナリエ」_PC

(C) Kobe Luminarie O.C. ※過去開催の様子

「神戸ルミナリエ」は1995年の阪神・淡路大震災の記憶を語り継ぎ、市民の夢と希望を象徴する行事としてスタートしたイルミネーション。25回目となる2019年は12月6日(金)から15日(日)まで開催される。中世イタリアの祝祭彫刻が起源といわれるルミナリエでは、毎年デザインに合わせてイタリアから部材を運ぶのだとか。今年の作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」。神戸の夜空を彩る美しい希望の光を堪能しよう。

更新日:2019/10/28

神戸ルミナリエ 02
(C) Kobe Luminarie O.C. ※過去開催の様子

総延長270mの起点を飾る巨大な玄関作品「フロントーネ」

1995年から始まった「神戸ルミナリエ」は、今や兵庫県神戸市の冬の風物詩とも言えるイベント。今回も作品は、旧外国人居留地の仲町通りと東遊園地に設置される。イルミネーションのスタート地点となるのは、仲町通りと浪花町筋の交差点。

作品の総延長は約270mで、玄関口を飾る作品「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な三連の門になっている。この作品では入口から京町筋交差点までの約50mにわたって光の壁掛け「スパッリエーラ」が配置され、訪れる人を光で包み込む。さらに東側には、明るく鮮やかな回廊状の「ガレリア」が続く。

今回は、第25回の節目ということで、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」として、1995年の第1回目に使った白熱電球による作品も展開される。初開催から四半世紀を過ぎて、初心に返り、思いを新たにするのもいいかも。

神戸ルミナリエ 03
(C) Kobe Luminarie O.C. ※過去開催の様子

25年の節目に巨大ドームやアーチ装飾など初の試みも

東遊園地の広場には、毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込むように、初の試みとなる高さ約21mの巨大なドーム作品を置く。さらに、四方にそびえ立つ高い光の尖塔が光の壁掛けでドームと結ばれるので、まるで光の宮殿のような空間になるのも幻想的。

東遊園地の南側広場では、藤棚に沿って光の壁掛け「スパッリエーラ」が展開され、音楽に合わせて躍動感溢れる光の点滅が楽しめる。このほかにも、会場までの道のりを彩る小作品やフォトスポットになる作品が設置されるので、多彩な光を堪能して。

また、園内の「慰霊と復興のゾーン」では、今回初めて「1.17 希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾る。ルミナリエの開催中は「阪神淡路大震災1.17希望の灯り実行委員会」との協働による「震災語り部ブース」も開設。ここで話を聞くのも、鎮魂と復興を願って始まった「神戸ルミナリエ」ならではの体験と言えそう。

イルミネーション情報

イベント名
神戸ルミナリエ
開催場所
旧外国人居留地および東遊園地
開催日程
2019/12/6(金)~12/15(日)
開催時間
月~木曜 18:00頃 ~ 21:30
金曜 18:00頃 ~ 22:00
土曜 17:00頃 ~ 22:00
日曜 17:00頃 ~ 21:30
※混雑状況により点灯時間の繰り上げあり。荒天の場合は点灯見合わせもあり
料金
入場無料 
※KOBEルミナリエを今後も続けていくために1人100円の会場募金にご協力ください。
※記事内の画像については右クリック禁止
ホームページ
神戸ルミナリエ 公式ホームページ

神戸ルミナリエ

スポット名
神戸ルミナリエ
電話番号
0782301001 0782301001 神戸ルミナリエ組織委員会
住所
兵庫県神戸市中央区加納町6-4-1(東遊園地) Map
交通アクセス
JR「元町駅」・阪神本線「元町駅」より徒歩5分(混雑状況により作品鑑賞まで時間がかかる場合あり)

こちらもチェック!クリスマスイルミネーション2019

澄んだ空気の中、幻想的に輝くイルミネーションは、冬のデートにときめきをプラスしてくれる魔法のような存在。OZmallでは今年も、おすすめの東京・神奈川のイルミネーションスポットと人気ランキングをご紹介します。

WRITING/NAOKO YOSHIDA(はちどり)

  • LINEで送る