【京都】知る人ぞ知る隠れ家レストラン5選。風情たっぷりの空間で和フレンチや珠玉の会席を楽しむはんなりクリスマス

【京都】知る人ぞ知る隠れ家レストラン5選。風情たっぷりの空間で和フレンチや珠玉の会席を楽しむはんなりクリスマス

写真/アカガネリゾート京都東山1925

歴史と風情のあふれる街・京都。知る人ぞ知る噂の穴場レストランではんなり大人な上質クリスマスを過ごすのはいかが? 京食材を使ったフレンチや、老舗のこだわりが詰まった会席料理など、京都らしさあふれる隠れ家レストランのみをご紹介。風情たっぷりの空間でいつもとは少し違うクリスマスの夜を過ごして。

更新日:2019/11/20

関西の巨匠が創る京フレンチに舌鼓。歴史ある邸宅をリノベートした空間は趣きたっぷり/「LE UN」

京都でも有数の歴史を誇る東山に位置し、大正14年建造の邸宅をリノベートした「アカガネリゾート京都東山1925」は、700坪の敷地に広がる趣きのある空間が魅力。詫び寂びの美意識を感じさせる庭園が古都の風情を引き立て、木々がライトアップされる夜の風景も粋なもの。

こちらのメインダイニングである「LE UN」では、歴史を感じる雰囲気の中に現代の風が吹き込まれた空間で、京の香り立つ本格フレンチをいただける。“Beauty & Healthy”をテーマにしたフレンチは、地元の旬食材も多く取り入れられており、身も心もキレイにしてくれそう。

関西フレンチ界を牽引する存在の石井之悠シェフが創り上げるディナーメニューは、メインの料理が魚or肉から選べるハーフコースからフルコースまでご用意。ソース一滴にもぬかりない、鮮やかな逸品の数々を堪能して。

■ディナーのコース例

ムニュB(フルコース全6皿):8228円
クリスマスディナー:14250円

シェフズテーブルで生み出される唯一無二の“トキ”/「高台寺 極-KIWAMI-」

東山の「アカガネリゾート京都東山1925」内のレストランからもう1店舗ご紹介するのは、フレンチを提供する「高台寺 極-KIWAMI-」。京都出身のキモノデザイナーJotaro Saito氏による西陣織が壁一面に飾られている店内は、今昔の交錯する雰囲気の中にカウンターが映え、腕を振るう料理人の姿も一層凛々しく見える。

決まったディナーメニューが存在しないこのレストランでいただけるのは、伝統的なフレンチの技法をもとに、和のアレンジを随所に施したこの日のためのフルコース。食材や調理法など、ゲストの好みに合わせてこの世に一皿の料理を用意してくれることも。繰り広げられる匠の技、シェフとの会話を愉しみながら舌鼓をうつ贅沢な時間を過ごして。

■ディナーのコース例

ディナープレミアム:18150円
ディナー オートクチュール:24200円
Noel Dinner 2019 極-KIWAMI-:30250円

京の四季が口の中で花開く。一度は体験してみたい、老舗で贅沢な本格会席/「京料理 熊魚菴 本店」

寺院や川に囲まれた閑静なエリアに佇む、旅館のような「京料理 熊魚菴 本店」は、看板のない料亭でまさに隠れ家。昭和初期から続くこの老舗では、腕の光る料理人が日本の四季を丁寧に扱った料理を楽しむことができる。

“カウンター割烹の走り”とも言われる伝統的なカウンター席からは、情緒ある中庭の景色と料理人の手さばきを間近で感じられる。そのほか旅館のお部屋のような個室などもあり様々なシチュエーションに対応可能なので、恋人とのクリスマスはもちろん、女子会や家族でゆったりくつろぐのもおすすめ。

こちらで供される会席ディナーは、すべて季節のおまかせ。先付から始まり、吸物、造り・・・と進んでいく贅沢な会席は、一度はいただいてみたい絶品尽くし。京都ならではのクリスマスを堪能することができそう。

■ディナーのコース例

夜の会席料理:18150円
夜のおすすめ会席料理:24200円

“白い黄身”のオムライスがフォトジェニックな隠れ家バル/「三条フレンチバル 菜の雫」

烏丸御池駅から歩いて8分の隠れ家バル「三条フレンチバル 菜の雫」では、バルらしいアットホームな雰囲気の中、名物の食材である「和牛・雲丹・牡蠣」ほか、京都の地酒とバッチリ合う創作フレンチがいただける。

熟成黒毛和牛に雲丹を乗せた「う肉」、牡蠣を乗せた「牡蠣肉」に負けない看板メニューが「白いオムライス」。発酵食材と米だけを与えた鶏が産む“白い黄身”の卵を使った世にも珍しいオムライスは、卵白の白ではなく黄身の白というのがびっくり! さらに海外のメディアでも取り上げられた「菜の雫流すき焼き」は、牡蠣の出汁を使った旨味凝縮の新感覚すき焼き。それぞれの料理に合わせて、お酒をチョイスするのが楽しい。

クリスマスシーズンの2019年12月23日(月)~12月25日(水)には、3日間限定でお目にかかれるクリスマス限定ディナーコースも。A5ランクの黒毛和牛がメインでいただけるのも、お肉自慢のこのお店ならでは。

■ディナーのコース例

飲み放題付き牡蠣三昧コース(全7品):7700円

京都を代表するスポットのひとつ“花見小路”で、厳選京野菜が決め手の個性派フレンチ/「祇園Abbesses」

いかにも京都らしい街並みが目に入る祇園四条。花見小路の中心に店を構えるのは、京野菜などを使った和フレンチを振舞う「祇園Abbesses」。暖色の照明が店内に温かみをもたらす中、お箸でいただく独創的なフレンチを召し上がれ。

メニューの中でもオーナーシェフがとくにこだわっているのが、自ら京都の農家に足を運んで厳選したとっておきの京野菜。これらの瑞々しい野菜たちは例えば、ビーツのクリームや、トウモロコシのプリンなど、素材の良さをいちばん生かせるようなメニューに仕上げられる。

さらに注目なのが、自然派のものを中心に150種を揃えるワイン。その日いただく料理との相性をソムリエに相談して、そのマリアージュを体験することもできる。

■ディナーのコース例

シェフおまかせの特製フルコース(全11皿):12100円

こちらもチェック!クリスマスの京都特集

クリスマスの京都特集
写真提供:京都・花灯路推進協議会 渡月橋ライトアップ

京都エリアのクリスマスデートの参考に。レストランでクリスマスメニューを味わったり、きらめくイルミネーションを眺めながらおさんぽしたり。より一層華やかになる、クリスマスの京都へでかけよう。

【特集】令和最初のホリデーを楽しみつくすヒント集!クリスマスガイド2019

クリスマスガイド2019

聖なる夜を照らすイルミネーションや華やかなクリスマスディナー、心躍るギフト選び。華やかで幸せな気分に包まれるホリデーシーズンは、大切な人や家族と過ごす時間はもちろん、1人で過ごすひとときも、心豊かな時間を過ごしたいもの。今年は、クリスマスを迎える準備から令和元年の年末贅沢まで、“令和最初”の特別なホリデーをまるっとハッピーに過ごすためのヒント集2019をお届けします。

WRITING/RIO HONMA

  • LINEで送る