アルノー・ラエール パリのクリスマスケーキが、パリで人気のショコラケーキをクリスマスバージョンに【クリスマスケーキ2019】

アルノー・ラエール・パリのクリスマスケーキ01

モンマルトルをはじめ、パリに3店舗を持ち、ショコラティエのM.O.F(国家最優秀職人章)も取得している、実力派のアルノー・ラエール氏。

今年のクリスマスには、有名な画家の名前が付けられた代表作のチョコレートケーキ「トゥールーズ=ロートレック」や長年愛されている「モンテ=クリスト」ほか5種のケーキが、ノエルの華やかさを添えて登場する。美しい聖夜はパリが愛する甘いひとときに誘われてみては。

更新日:2019/11/22

トゥールーズ=ロートレック

トゥールーズ=ロートレック 12cm3700円/15cm5200円

パリ本店の通り沿いに画家ロートレックが住んでいたことから、彼へのオマージュを込めた代表作「トゥールーズ=ロートレック」が誕生。
ノエルの華やかさを添えたケーキは、星が降り注ぐ聖夜を想像させてくれる。

センターには、ヴァローナをはじめ3種のチョコレートを絶妙な配合でブレンドしたクレームショコラが隠れている。
パリの人々に愛される、ショコラのケーキを存分に味わって。

モンテ=クリスト 12cm 3500円

モンテ=クリスト 3500円

ショコラとラズベリーがマリアージュした「モンテ=クリスト」は、パリ本店がオープンしたときから今なお愛されているアルノー・ラエール・パリの看板アイテム。フランボワーズの甘酸っぱさと、ビターなショコラの味わいが7層にも重ねられた。

トップには、フランボワーズのプチプチとした種の食感をのこしたソースが鮮やかに映え、クリスマスのテーブルを飾るのにぴったり。切り分けしやすいスクエア型なのも嬉しい。

フレシュール シトロン 12cm 3000円

フレシュール シトロン 3000円

きゅんと酸っぱさが広がるクレームシトロンや、ふんわりとした口どけのムースシトロン。
レモンの香りを凝縮した、自家製のレモンのマーマレードが風味のアクセント。

レモンのおいしさを詰め込んだクリスマスケーキは、爽やかな味わい。リッチなディナーの後にも、さっぱりと楽しめそう。

パリ プロガステル 12cm 3000円

パリ プロガステル 3000円

フランスの伝統菓子サントノーレをクリスマス仕様に華やかに仕上げた逸品。

国産のいちごをふんだんに使い、華やかな薫りのローズクリームと、オレンジのマーマレードのほろ苦さが好相性。

軽く塩気のある、さっくりとしたシュー生地との相性もよく、軽やかに味わえる。聖なる夜に食べたいかわいらしいケーキだ。

モンブラン 3500円

モンブラン 3500円

日本店限定の愛媛県伊予市の厳選した中山栗を贅沢に使ったモンブラン。

ほっくりした風味がたまらない和栗クリームの中には、ジェノワーズ(スポンジ生地)や、マスカルポーネを合わせたシャンティクリームが隠れている。和栗がもつ繊細な味わいを感じられる、絶妙なバランスを召し上がれ。

ARNAUD LARHER(アルノー・ラエール)のクリスマスケーキ

■トゥールーズ=ロートレック
価格:12cm3700円/15cm5200円
サイズ:直径12cm×高さ4cm/直径15cm×高さ4cm
備考:アルコール不使用

■モンテ=クリスト 
価格:3500円
サイズ:12cm×高さ4cm
備考:アルコール不使用

■フレシュール シトロン
価格:3000円
サイズ:12cm×高さ4cm
備考:限定数50台、アルコール不使用

■パリ プロガステル 
価格:3000円
サイズ:直径12cm×高さ4cm
備考:限定数50台、アルコール不使用

■モンブラン 
価格:3500円
サイズ:直径12cm×高さ5cm
備考:限定数50台、アルコール不使用

<上記ケーキの購入方法>
販売店舗:アルノー・ラエール パリ
予約期間:~2019/12/19(木)まで
引き渡し期間:2019/12/22(日)~12/25(水)

アルノー・ラエール パリ

スポット名
アルノー・ラエール パリ
電話番号
0364557868 0364557868
住所
東京都渋谷区広尾5-19-9 Map
営業時間
11:00~20:00
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ日比谷線「広尾駅」から徒歩3分
主なエリアの店舗
東京・丸の内・日本橋
六本木
銀座


日比谷
お台場
渋谷


表参道


恵比寿
広尾本店
新宿
池袋


吉祥寺

横浜


みなとみらい

ホームページ
アルノー・ラエール パリ公式HP

こちらもチェック!クリスマスケーキ特集2019

2019年も心ときめく麗しのクリスマスケーキが勢揃い。クリスマスのためだけに作られた味もビジュアルも最高のケーキを、今回は国内外のブランド、デパート・百貨店、コンビニなどジャンルごとに紹介していきます。

WRITING/MINAKO SHIMOI

  • LINEで送る