“食”にフォーカス。生産者と消費者をつなぐ「無印良品 港南台バーズ」が誕生

「無印良品 港南台バーズ」 PC

関東初となる食の大型専門売場を備えた無印良品が2021年5月14日(金)、横浜「港南台バーズ」にグランドオープン。「食べるひとにおかげさま。育てるひとにおかげさま。」を掲げて、生産者の思いを伝え、また消費者の声も届く、お互いが交流できる場を展開。朝採れ野菜や漁港直送の鮮魚、自家製パンなどが並び、大きなキッチンカウンターではライブ配信も。無印良品が新たに挑む“食”への取り組みにぜひ注目を。

更新日:2021/06/03

「無印良品 港南台バーズ」
採れたての旬野菜がずらり

その食品が生まれた背景を知ることで、食卓がより豊かに

長い年月と手間をかけて育てたり、良質な漁場を求めて海上をさまよったり。私たちのもとに届く食品一つひとつにはたくさんのストーリーが隠されているけれど、商品や値段だけを見て購入する日常ではそんなことも忘れがち。だから生産者と生活者が交流できる場所を作りたい、そんな思いから“食”にフォーカスした新しい無印良品が誕生。

生産者とつながることでその食品が生まれた背景はもちろん、素材を生かしたおいしい食べ方や保存方法なども知ることができる。また地産地消を大切に、鮮度抜群な野菜や魚介、ブランド肉など、信頼できる生産者のもとで育った食品が揃うのも魅力。

そのほかフードロス削減のための量り売り、プラスチックゴミ削減のための給水サービスといったサステナブルな取り組みも。生産者の思いに触れることで食品に対する意識が変化したり、自分に必要な食べ物の量はどのくらいだろう、そんなことを考えるきっかけにもなりそう。

「無印良品 港南台バーズ」
鮮魚は大正14年の創業以来、おいしい魚を提供し続ける中島水産のもの

どんな食品が並んでる?狙い目は神奈川産のおいしいもの

売り場には伝統野菜や旬の青果、鮮魚、大切に育てられたブランド牛など、地元ならではの特色を生かした興味深い食品がたくさん。「まだオープンして間もないですが、葉っぱも食べられる葉付きにんじんなどの露地野菜にこだわる苅部農園の野菜、アジやイワシ、関サバといった神奈川の地魚ほか、地産地消のものが人気です。また店内厨房で仕上げている、ジューシーな肉汁とぎっしりとした肉感が特徴の足柄牛ハンバーグもおすすめです」(良品計画の広報担当者)。

これから夏にかけては、みずみずしい甘みが弾けるトウモロコシ、深いコクと豊かな風味に驚く枝豆、海風の影響からおいしく仕上がると言われている三浦産の熟成メロンや熟成カボチャが狙い目。売り切れ必至なので早めに手に入れて。

「無印良品 港南台バーズ」
キッチンカウンターから、旬食材を使ったレシピのライブ映像を配信

おいしい知恵の交差点!大きなキッチンカウンターを併設

また無印良品初の取り組みとしてキッチンカウンターを併設。こちらのスペースを活用して、管理栄養士や元料理人、生産者とまちに住む人々がそれぞれの知恵を交換しながら楽しく教え合い、学び合っていく。

さらにこちらのキッチンカウンターから、料理のライブ配信を毎日11:00〜、12:00〜の1日2回お届け中。これまで鮭と彩り野菜の香味ソースがけ、新じゃがと卵のコク旨ポテトサラダ、ナスのガパオライス、れんこんの塩麴炒めなど、旬の食材をメインに迎えた簡単レシピを紹介。「無印良品 港南台バーズ」のインスタグラムアカウントから誰でも視聴できるから、今日の献立に迷ったら参考にして。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

DATA

スポット名
無印良品 港南台バーズ
住所
神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズB1・1F Map
営業時間
10:00~20:00
交通アクセス
JR根岸線「港南台駅」下車すぐ
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策
・店内の清掃・消毒や従業員の健康管理
・状況に応じた入場制限
・セルフレジの導入
※2021/6/1取材時点
駐車場
港南台バーズ駐車場 400円/60分、以降30分ごとに250円、7:45〜24:00
ホームページ
無印良品 港南台バーズ 店舗ウェブページ

WRITING/EMIKO OKAZAKI

  • LINEで送る