ジョイナスの魅力再発見

横浜で創業し、世代を超えて愛されている「ジョイナス」。地下2階から地上4階までの6フロアには、ファッションやグルメ、日用雑貨を扱うショップまで、400店舗以上が集結。“行けば必ずなにかが見つかる”という楽しさに加えて、橫浜駅直結というアクセスの良さも魅力。そんなジョイナスで働く皆さんに、その魅力を教えていただきました。

更新日:2019/03/13

スタッフに聞きました!ジョイナスの知られざる魅力

【TIPS01】行くたびになにかが見つかる。通るたびに立ち寄りたくなるショッピング施設

高木由佳さん
高木由佳さん/販促担当 係長

橫浜駅西口に直結する「ジョイナス」は、国内有数の店舗数を誇るショッピングモール。“いつもを、ステキに、かえていく”をコンセプトに掲げ、各フロアには、通勤・通学で駅を利用する人はもちろん、ふらりと横浜を訪れた人もつい立ち寄りたくなる店舗が並ぶ。

「昔からジョイナスをご利用いただいている方から小さなお子様まで、老若男女を問わずたくさんのお客様がいらっしゃいます。最近は、親子でショッピングを楽しまれている方も多いんですよ」と教えてくれたのは、販促担当・係長の高木由佳さん。高木さんが所属する部署では、年末恒例の“ガラポン”をはじめ、季節ごとのイベントの企画・運営や、館内で配布される冊子の制作、さらに最近では公式SNSも活用したりと、さまざまなツールを使ってジョイナスの魅力を発信している。

「施設が広い分、それぞれの店舗の魅力を、まんべんなく伝えるにはどうしたらいいかいつも悩みます。大切なのは、お客様に楽しんでいただくこと。様々な視点で企画を考えるのは楽しみでもありますね」とにっこり。今後は、屋上庭園を舞台に開催されるイベントも企画したいという。

「ゆったりとした屋上庭園は、ショッピングの合間の休憩にぴったり。小さなお子様連れにもおすすめです。私自身も、子どもの頃に両親と出かけた場所の記憶が今も残っているのですが、そんな風にお客様の記憶に残るような素敵な施設をつくっていけたら・・・と思っています」。

高木さんもイチオシのレストラン空席確認システム

デジタルサイネージ

2018年に導入された「ジョイナスグルメNOW!」は、各フロアの飲食店の空席状況がひと目でわかる画期的なシステム。施設内のデジタルサイネージで確認できるほか、スマートフォンでも簡単にチェックOK。なかにはクーポンのサービスを実施しているショップもあるので、お目当てのカフェやレストランへ行く際にはぜひチェックしてみよう。

「この他にも、スマートフォンでAIがおすすめメニューを教えてくれるチャット式メニューの導入も予定しています。外国語にも対応しているので、海外からのお客様と一緒の際もジョイナスで過ごす時間を楽しんでいただけたら嬉しいです」。

【TIPS02】働く女性のワードローブを支える充実のアパレル店舗

増田奈穂さん
増田奈穂さん/営業担当

400を超えるジョイナスのテナントのうち、約140店舗を占めるのがアパレルショップ。4階は10代から20代、3階は30代を中心に働く女性をターゲットにした店舗が並ぶなど、フロアごとにさまざまな表情を見せる。

「相鉄線の改札口がある2階には、ジョイナスが特に自信を持っておすすめするブランドが並びます。また、メインエントランスがある1階は、ちょっとラグジュアリーなブランドが中心。最も面積が広い地下1階は、定番アイテムを扱うショップも多く、『いますぐこれが必要!』というときにも対応できます」と話すのは、1階から4階まで約80店舗と日々コミュニケーションを取っている増田奈穂さん。

担当店舗の相談役も兼ねているという増田さんのもとには、ディスプレイの見せ方や集客数を増やす方法など、スタッフからさまざまな相談が寄せられるのだとか。「お客様の向く方向にあわせて什器の配置やマネキンの角度を変えるなど、商品が目に入りやすくなるような工夫もしています。こんな風にショップと一緒に取り組んだことが結果につながると、本当に嬉しいですね」。

また、同世代の女性が多いフロアの店長を集め、「店長会」と称して情報交換の場も設けているという。「ライバル店舗ではあるんですが、お互いの良いところは取り入れてもらいながら、お客様を呼び込むためのイベントも一緒に企画していきたいです」。

増田さんおすすめのおいしくかわいい手土産

ミルフィユ

洋菓子「フランセ」の名物といえば、サクサクのパイ生地でフルーツのクリームをサンドし、さらにチョコレートでコーティングした「ミルフィユ」。甘みと酸味のバランスが絶妙な「いちご」、爽やかな香りと酸味の「れもん」、コクのある味わいの「ピスタチオ」、濃厚で風味豊かな「ジャンドゥーヤ」の4種詰め合わせ(各3個入り1620円)は、手土産にもぴったり。

「どれもおいしそうで選べない・・・というときには全部楽しめる詰め合わせがぴったり。フルーツや木の実をモチーフにしたパッケージも素敵ですよね」。

【TIPS03】イタリア産の厳選モッツァレラチーズを、ランチでもディナーでも堪能

田野尻繁樹さん
田野尻繁樹さん/ホール主任

地下1階、2階にはグルメフロア「JOINUS DINING」。本格的な和食からカジュアルなカフェまで、バラエティに富んだ41店舗が集約されている。

市営地下鉄方面入口そばの地下2階にある「オービカ モッツァレラバー」は、ローマに本店を持つ水牛モッツァレラチーズの専門店。メニューには、イタリアから空輸される4種類のモッツァレラチーズを使った多彩な料理がラインナップ。ローマ本店の味をそのまま味わえるという。

いちばん人気は、フレッシュなチーズのおいしさがそのまま味わえるモッツァレラチーズの盛り合わせ(1950円~)。このほか、チーズたっぷりのラザニアも絶品。「ワインと一緒にいただくと、さらにおいしいんですよ。当店では25種類以上のボトルのほか、グラスワインも赤・白・スパークリング合わせて8種類ご用意しています」とホール主任の田野尻繁樹さん。食事を楽しむように仕事を楽しんでいるという田野尻さんは、ローマ本店にも負けないような明るい雰囲気の店づくりを目指しているという。

16時までランチがいただけるほか、ティータイムも実施。どの時間帯もグランドメニューからオーダーできるのも嬉しい。ちなみに、1皿のボリュームが多いため、3~4人で訪れてシェアしながらあれこれ楽しむのがおすすめだそう。全101席とゆったりした空間は、ファミリーや女子会にもぴったり。

田野尻さんもお気に入りのトリュフたっぷりピッツァ

ピッツァ

古代ローマ時代に食べられていた“ピンサ”をもとに作られるピッツァもこちらの名物。「タルトゥーフォ」は、マッシュルームペーストを塗った生地にこだわりの水牛モッツァレラ、さらにトリュフをたっぷりと削ったプレミアムなピッツァ。テーブルに運ばれた途端に広がるトリュフの芳醇な香りには、思わずうっとり!

「生地には石臼で挽いた小麦粉を低温で48時間発酵させ、さらにじっくり熟成させたものを使っています。サクサクと軽い食感なので、あっという間に食べられてしまいますよ」。

Data & Access

■住所
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1
■営業時間
ショッピング:10:00~21:00
レストラン:11:00~23:00 ※店舗により異なる
■定休日
不定休
■アクセス
JR・東急・京急・相鉄・横浜市営地下鉄「横浜」駅西口からすぐ
■駐車場
<ジョイナス駐車場>
営業時間:6:00~24:00
駐車料金:340円/30分
<横浜駅西口地下駐車場>
営業時間:6:00~24:00
駐車料金:340円/30分
<横浜駅西口第2駐車場>
営業時間:24時間営業
駐車料金:290円/30分
※1店舗で3000円以上利用すると、ジョイナス駐車場は1時間30分、横浜駅西口地下駐車場・横浜駅西口第2駐車場は1時間無料

迷わずに行けるアクセス!

橫浜駅西口に直結しているジョイナス。相鉄線出口は2階とつながっていて特にアクセス抜群。JRの場合は南改札の利用がおすすめ。中央改札口からは北通路の場合は左側に、南通路の場合は右側に進もう。

お子様連れに嬉しい設備をチェック!

・ベビーチェア付トイレ:B2~4F
・ベビーベッド付トイレ:B2~4F
・ベビー休憩室:3F
 ※オムツ替えベッド、授乳室(共有)、給湯設備
・こどもトイレ:B2、2F、3F ベビー休憩室内

WRITING/MINORI KASAI PHOTO/AYUMI OHSAKI

TOP